Categories

[プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C

[プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C
[プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C [プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C [プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C [プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C [プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C [プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C
品番: OJ1CLMA8C
在庫: 在庫あり
価格: 12,484.92円 7,353.94円

オプション:


* Size:

  • メイン素材: 人工皮革

  • ソール素材または裏地: 合成底

  • ヒールの高さ: 3.5 cm

  • 留め具の種類: レースアップ

  • ソールの厚さ:2.5cm

  • 商品紹介

    力がよりよく伝わる素足でのキックをコンセプトにさらに機能を向上させた、「プーマ」のサッカースパイク“エヴォパワー 1.3 HG"。
    キックの際の立ち足の動きに着目し、安定性と俊敏性を向上させた新ソール使用のハードグラウンド対応エヴォパワートップモデルです。

    アッパーのキッキングエリアにグリップ力を向上させる「グリップテックス」を採用。
    さらに「アキュフォーム」によりボールの芯を捉え、キックの正確性がアップします。

    アッパーに使用したアダプライトマイクロファイバーは、縦方向にのみ伸縮する特殊な軽量人工皮革で、キック時のパワーロスを最小限に抑えます。
    重心に沿ったフレームによりキック時の自然な流れをサポートする「グラデュアルスタビリティフレーム」を搭載したアウトソール採用です。

    より高いパフォーマンスが期待できる、「プーマ」のサッカースパイク“エヴォパワー 1.3 HG"です。

    ブランド紹介

    【PUMA / プーマ】
    トップアスリート達の活躍を足元から支えるドイツのスポーツブランド「プーマ」。
    「プーマ」の起源は西ドイツのルドルフとアドルフのダスラー兄弟が靴製造会社「ダスラー兄弟社」を設立した1920年にさかのぼります。
    兄のルドルフが販売を、弟のアドルフが生産を主に担当し、1924年にスポーツシューズ製造工場を建設して体育館用シューズを本格的に作り始めました。
    「それぞれのスポーツにあった専門性の高いスニーカーが必要だ」という哲学を反映させた彼らのスニーカーはアスリート達の間で評判となり、数多くの競技大会で好成績に貢献したことで一躍有名になりました。
    しかし1948年に兄弟の意見対立により「ダスラー兄弟商会」は解消され、1948年にルドルフが「ルーダ社(後にプーマ社に改名)」を設立します。

    1970年の“プーマキング"は初めてカンガルーレザーが採用されたことで柔軟性と快適さが向上し、また革新的な平板構造によって従来より軽量な設計を実現していました。
    この“プーマキング"を履いた“20世紀最高のサッカー選手"ペレの偉大な活躍によっても、「プーマ」の知名度は広がりました。
    1998年にはスポーツブランド初の試みとして、高級ファッションブランド「ジル・サンダー」と組んでコラボレーションモデルを発表。
    そこから生まれた“キング"とランニングシューズ“イージーライダー"のライフスタイルバージョンは、スポーツとファッションを融合させた人気スニーカーとしての地位を築きました。
    このコラボレーションは多くの人達に驚きを与え、それ以来さまざまなスポーツブランドがファッションデザイナーとコラボレーションをするきっかけとなりました。

    現在、「プーマ」はブランドとしての起源であるスポーツと、ライフスタイル/ファッションを高次元で融合させた、スポーツライフスタイルブランドとしての位置を確立することを目指しています。
    そのユニークなポジションを確立するために、商品開発、マーケティング、販売チャンネル、それぞれ独自の戦略をベースにグローバルで展開しています。

    [プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C

    説明

  • メイン素材: 人工皮革

  • ソール素材または裏地: 合成底

  • ヒールの高さ: 3.5 cm

  • 留め具の種類: レースアップ

  • ソールの厚さ:2.5cm

  • 商品紹介

    力がよりよく伝わる素足でのキックをコンセプトにさらに機能を向上させた、「プーマ」のサッカースパイク“エヴォパワー 1.3 HG"。
    キックの際の立ち足の動きに着目し、安定性と俊敏性を向上させた新ソール使用のハードグラウンド対応エヴォパワートップモデルです。

    アッパーのキッキングエリアにグリップ力を向上させる「グリップテックス」を採用。
    さらに「アキュフォーム」によりボールの芯を捉え、キックの正確性がアップします。

    アッパーに使用したアダプライトマイクロファイバーは、縦方向にのみ伸縮する特殊な軽量人工皮革で、キック時のパワーロスを最小限に抑えます。
    重心に沿ったフレームによりキック時の自然な流れをサポートする「グラデュアルスタビリティフレーム」を搭載したアウトソール採用です。

    より高いパフォーマンスが期待できる、「プーマ」のサッカースパイク“エヴォパワー 1.3 HG"です。

    ブランド紹介

    【PUMA / プーマ】
    トップアスリート達の活躍を足元から支えるドイツのスポーツブランド「プーマ」。
    「プーマ」の起源は西ドイツのルドルフとアドルフのダスラー兄弟が靴製造会社「ダスラー兄弟社」を設立した1920年にさかのぼります。
    兄のルドルフが販売を、弟のアドルフが生産を主に担当し、1924年にスポーツシューズ製造工場を建設して体育館用シューズを本格的に作り始めました。
    「それぞれのスポーツにあった専門性の高いスニーカーが必要だ」という哲学を反映させた彼らのスニーカーはアスリート達の間で評判となり、数多くの競技大会で好成績に貢献したことで一躍有名になりました。
    しかし1948年に兄弟の意見対立により「ダスラー兄弟商会」は解消され、1948年にルドルフが「ルーダ社(後にプーマ社に改名)」を設立します。

    1970年の“プーマキング"は初めてカンガルーレザーが採用されたことで柔軟性と快適さが向上し、また革新的な平板構造によって従来より軽量な設計を実現していました。
    この“プーマキング"を履いた“20世紀最高のサッカー選手"ペレの偉大な活躍によっても、「プーマ」の知名度は広がりました。
    1998年にはスポーツブランド初の試みとして、高級ファッションブランド「ジル・サンダー」と組んでコラボレーションモデルを発表。
    そこから生まれた“キング"とランニングシューズ“イージーライダー"のライフスタイルバージョンは、スポーツとファッションを融合させた人気スニーカーとしての地位を築きました。
    このコラボレーションは多くの人達に驚きを与え、それ以来さまざまなスポーツブランドがファッションデザイナーとコラボレーションをするきっかけとなりました。

    現在、「プーマ」はブランドとしての起源であるスポーツと、ライフスタイル/ファッションを高次元で融合させた、スポーツライフスタイルブランドとしての位置を確立することを目指しています。
    そのユニークなポジションを確立するために、商品開発、マーケティング、販売チャンネル、それぞれ独自の戦略をベースにグローバルで展開しています。

    [プーマ] サッカーシューズ EVOPOWER 1.3 HG (旧モデル) - OJ1CLMA8C

    Powered By dog-fancier.net © 2020