Categories

[アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE

[アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE
[アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE
品番: H6F6WCEVE
在庫: 在庫あり
価格: 11,914.81円 7,366.39円

オプション:


* Size:

  • メイン素材: 天然皮革

  • ソール素材または裏地: ゴム

  • 商品紹介

    「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の中でも圧倒的な人気を誇る1993年に発表された「GEL-LYTE III」からシーズナルカラーがリリース。1990年に発売された長距離ランナー向け軽量シューズ「GEL-LYTE III」は「クッショニング性」を重視したランニングシューズのトレンドから、徐々に「アッパー」の「フィッテング性」にフォーカスし始めた90年代初期にリリースされ"BADLIB SYNDROME(バッドリブシンドローム)"と呼ばれる長距離ランナーにとって常に付き纏うリスクを最小限に抑える為に開発され「シュータン」が左右に移動するのを防止し、血管が集中する足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新テクノロジー「SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を搭載。更に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期に亘り「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」を飛躍的に向上。そんな当時の考えられる最高のテクノロジーを組み合わせ、シリアスランナーからも高い評価を獲得した名作です。今作のシーズナルカラーはミニマムな「ブラック」を採用した「レザー」で「アッパー」を統一する事により、オリジナルカラーには無いノーブルな雰囲気を演出しながら「ASICS Tiger」のスタンダードモデルとしての存在感を体現しています。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に新定番としての懐古主義では無く温故知新としてのアプローチを示した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

    ブランド紹介

    創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。ブランド名の由来は、紀元2世紀の初め「ローマ」の風刺作家である「DECIMUS JUNIUS JUVENALIS(デキムスユニウスユウェナリス)」が残した"健全な精神は健全な肉体に宿る"を意味するラテン語の格言"Mens Sana In Corpore Sano"とし、原典では"精神"は"Mens"で表現されていますが"躍動する精神"と言う、より動的な意味を持つ"Anima"に置き換え"Anima Sana in Corpore Sano"としてこの言葉の頭文字を取ったネーミングを社名として採用。2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結びつける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタート。2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが「日本」でも待望のリスタートを果たし話題を集めました。そんな大きな流れの中、これまでの「asics」ヒストリーに基づくテクノロジーをユニークなスポーツライフスタイルとして体現する新たなブランドとして、2015年SPRING/SUMMERシーズンから「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻や過去のプロダクトの再定義によってコンテンポラリーに表現される数々のアイテムを従えてリローンチを開始します。

    [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE

    説明

  • メイン素材: 天然皮革

  • ソール素材または裏地: ゴム

  • 商品紹介

    「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の中でも圧倒的な人気を誇る1993年に発表された「GEL-LYTE III」からシーズナルカラーがリリース。1990年に発売された長距離ランナー向け軽量シューズ「GEL-LYTE III」は「クッショニング性」を重視したランニングシューズのトレンドから、徐々に「アッパー」の「フィッテング性」にフォーカスし始めた90年代初期にリリースされ"BADLIB SYNDROME(バッドリブシンドローム)"と呼ばれる長距離ランナーにとって常に付き纏うリスクを最小限に抑える為に開発され「シュータン」が左右に移動するのを防止し、血管が集中する足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新テクノロジー「SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を搭載。更に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期に亘り「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」を飛躍的に向上。そんな当時の考えられる最高のテクノロジーを組み合わせ、シリアスランナーからも高い評価を獲得した名作です。今作のシーズナルカラーはミニマムな「ブラック」を採用した「レザー」で「アッパー」を統一する事により、オリジナルカラーには無いノーブルな雰囲気を演出しながら「ASICS Tiger」のスタンダードモデルとしての存在感を体現しています。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に新定番としての懐古主義では無く温故知新としてのアプローチを示した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

    ブランド紹介

    創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。ブランド名の由来は、紀元2世紀の初め「ローマ」の風刺作家である「DECIMUS JUNIUS JUVENALIS(デキムスユニウスユウェナリス)」が残した"健全な精神は健全な肉体に宿る"を意味するラテン語の格言"Mens Sana In Corpore Sano"とし、原典では"精神"は"Mens"で表現されていますが"躍動する精神"と言う、より動的な意味を持つ"Anima"に置き換え"Anima Sana in Corpore Sano"としてこの言葉の頭文字を取ったネーミングを社名として採用。2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結びつける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタート。2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが「日本」でも待望のリスタートを果たし話題を集めました。そんな大きな流れの中、これまでの「asics」ヒストリーに基づくテクノロジーをユニークなスポーツライフスタイルとして体現する新たなブランドとして、2015年SPRING/SUMMERシーズンから「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻や過去のプロダクトの再定義によってコンテンポラリーに表現される数々のアイテムを従えてリローンチを開始します。

    [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III TQL6A2 - H6F6WCEVE

    Powered By dog-fancier.net © 2019